自己紹介

はじめまして、心のコンシェルジュ宮本和味です。
ときどき本名ですか?時聞かれるのですが本名です。

字画が良いという事で父が選んだ漢字が「味」そのお陰で
口が4つもある名前になったせいかおしゃべりな子どもだったそう

小学生の頃は仲良し学級と言われる養護学級で過ごすのが楽しくて休憩時間に通ったり、

スリランカからやってきたサイード君と言葉が通じないのに仲良くなり、
彼のお母さんの作るシュガーバターのサンドイッチにハマったり

そんな経験からか海外への興味も強いう短大卒業後はイギリス南部の森の中の
障害者支援施設でボランティア活動をしました。

イギリスからの帰国前にはヨーロッパをバスで寝泊まりしながら70日
かけて17ヶ国を巡り

帰国後は日本の国際交流事業「世界青年の船」に乗船し、
国内外の青年と船で生活を共にしながら訪問国活動を体験しました

私の原点

先生どしたん?

先生のお母さん死んじゃったの?

小学校1年の時の担任の海老村先生がいつもより小さく見えた日
先生に声をかけた。

そう、死んじゃったの。

小学校1年生の担任だった海老村先生は学校を休むわけにいかないと、
葬儀の日も途中だけ抜けまた午後から学校に戻ってきた辛い日だったそう。
 

誰にも気づかれず、一日が終わりかけた時。
変化に気づき声をかけてきた私に驚いたそう。

そっか、死んじゃったんだ。

そう言うと小さな私は先生の湯呑みにお水を入れて先生に渡し

先生、お水飲みんちゃい。

この腕時計は先生のお母さんがくれたんじゃろ?

チクタクいってるよね。

これはお母さんの心臓だよ。

先生のお母さんは先生のここで一緒におるから大丈夫。

寂しくないじゃろ?

そう言って小さな手で先生の背中をなで続けた。

まさか6才の子に母の死を乗り越える力をもらうなんて

思ってもみなかった。教師人生で一番忘れられない出来事だった。

大人になって先生に再会した時に、先生が目を細めて

話をしてくれたことがありました。

小さかったので細かいやり取りは覚えていなかったのですが、
その時の私はただ目の前の大好きな先生に元気になって欲しかった。


その時と同じ思いで目の前の人の心に携わらせてもらっている私の原点の出来事です

こんな経緯

十代は広島で過ごし
進学を機に大阪の短大へ。

卒業後はイギリスの南部ニューフォレストといういう野良ポニーが村を
散歩しているような森の中にあるMinstedという村で自閉症、知的障害、
ダウン症の訓練生たちが自立する施設でボランティア生活。


この頃 夢のシトロエン2CV(中古)を購入するも半年でハンドルが
抜けてしまい あっけなく廃車となってしまう。

イギリスから帰国前には2階建てバスに寝袋で寝泊まりしながら
20人のオーストラリア&ニュージーランド人たちと日本人で
ヨーロッパ17カ国を70日かけて横断するツアーに参加。
最初は過酷な生活に戸惑ったもの1週間で馴染み、楽しく過ごす。

日本帰国後はにっぽん丸という大きな客船で11カ国の青年が50日
かけて洋上大学のように文化を学んでいく国際交流プログラム世界青年の船に参加。

国も文化も違う人たちとのコミュニケーションを通じて世界には
まだまだ知らないこと、そして国も文化も違っても段々と共有することが
増えると新しい一つの文化が生まれる経験をしました。

下船後は団体職員となり、地元でボランティア活動をしている
有志たちの後方支援を経験。

30代目前で実家の設計事務所の営業へ転身。
セミナー事業やコーティング事業を立ち上げ毎日を忙しく過ごす。


結婚の話が出た頃に 20代で乗った国際交流事業「世界青年の船」
のサブナショナルリーダー(日本副代表)を打診され

どうしても乗りたい!婚約者である夫を説得し、
NPO成城心理文化学院(現 成城心理コミュニケーション協会)
カウンセリングの資格を取得し乗船。
多数の20代の青年から相談を受ける。

帰国後 結婚し夫とパートナーシップ構築の関係に入る。
全く違うタイプの人間同士が理解していくため
結恋愛心理学で学んだこと、アドラー心理学を実践し

お互いに成長しあい、理解する中で
唯一無二の関係になっていく

を目標に日々努力し続けている。
この経験を元に幸せな関係を築く為の講座やカウンセリングセッションを行っています。

現在は大阪在住。
シトロエン2CV(1983年製)を再購入し、冷房も暖房もない中、
不便と季節を感じながら運転するのが何よりの幸せ

 

Lifestyle congierge
心のコンシェルジュ宮本和味
 

Life Style Concierge ロゴ

屋号の由来

私の個人事業主としての屋号は

Lifestyle concierge

ライフスタイルコンシェルジェと言います。

これはアドラー心理学を知る何年も前。
 

設計事務所を経営しながら、社内で別事業としてセミナーを立ち上げた時に

建物だけでなく、セミナー等でもその人の生き方(Lifestyle)を
希望通り変えていけるお手伝いが
出来るように

と願い、つけたもの。
 

大阪に来てからアドラー心理学を学び始め人は10才頃くらいまでに

・自分をどう見るか


・他の人をどう見るか


・どう判断するのか

のパターンと作り、それがライフスタイルと呼ばれていると知りました。
簡単に言えば「性格」ですね。

10才の頃に完成させたライフスタイルは

大人になった今、窮屈だったり、

使いづらかったりすることがあります。



Lifestyle=考えや行動のパターン

concierge=依頼者の方のリクエストに応えるプロ
 

心理学を中心に活動をするようになった今、
依頼してくださる方が幸せになるライフスタイル再形成の
リクエストに応えるプロであり続けたいと思っています。

各種プロデュース実績

 

どうやったら多くの人を輝かせることが出来るか
企画から準備、当日までを開催しました。 
 
セミナープロデュース(実績)
・マインドマップ講座(講師 矢吹博和氏)
・視覚思考講座
・講師研修講座
・ボイストレーニング講座(講師 堀澤麻衣子氏)
・ストレングスファインダーを使った才能読み講座
・コスモマップ講座
・平本あきおライブセッション(講師 平本あきお氏)
・松下幸之助に学ぶ経営哲学(講師 本間正人氏)
・本間に学べ人前話法
・人の読み方講座(講師 晴香葉子氏)
・ポジティブ心理学基礎講座
・・恋愛相談員養成講座
 
講演会(実績)
・ほめ言葉ハンドブック講演会
・モンスターペアレント講座
・笑顔のコーチング
 
プロデュース(実績)
・個人事業主企業支援コンサル
・部活道恋愛部
・パワーディナー
・寄り合い